ホームページ制作 SEO|福岡からサイトコンバージョン(反響)数の改善・向上を目指す為にアクセスデータ・現況分析からのweb制作・アクセス施策を御提案しております。

ホームページ制作会社|(福岡)SEO対策でGoogleに強いウェブ作成・アクセス施策をサポート。前年対比を超えてもらうための製作。 KCEマーケティング

ホームページから集客を図る上で重要な、訪問者の訪問心理と戦略

事業開設に伴うホームページ制作希望のお客様への企画・提案書
先日、士業種のクライアント様より既存事業と少し違った形で事業展開したいプランがあると言う事で様々なお話しをヒヤリングさせて頂いた後に私の方で作成した提案企画書です。何かの参照になればと思います。(固有名詞等に※を付けてアップしております。)まずサイトを制作するにあたって考えたい事としてサイトコンセプトを作る事が重要となってきます。
ターゲット種別でそれぞれの意義・メリットを打ち出す事で、※※様のビジネスモデルをユーザーに広く周知させブランディング作りにも影響を図りつつ促進のツールとしての活用を目指す事に繋がると思います。ここでのターゲットとは(特にこのような区分のお客様にサイトを周知したい)①対象職種のお客様、またそのご家族様・②関係者(協会)・③メーカー(代理店)。この3種が考えられるでしょう。下記からの項目にオペレーションとして考える事が出来る方法を簡単ではありますがご提案させて頂きます。
■ターゲットから考えるサイト構成とサイト運営オペレーション 
●イラストによる分かりやすいガイダンス
※※様が※※に変わって※※に携わる窓口となると言う事での「※① ※② ※③」それぞれに対するメリット(サイト上では※※等はあまり触れない)を分かりやすく打ち出す必要がある。当社ではそれらを防ぐ為に、この部分に関してはイラスト相関図を使った見せ方を模索
理由:検索エンジン等から興味ある方がそのサイトにアクセスした際に、※※に関する説明文書ばかりの場合、ページ離脱を助長する可能性が高い。故に見せ方に関してはガイダンス要素を取り入れた形式でお見せしたい。(参照イメージ
●検索エンジンからのアクセス流入が見込めるサイト構成
ページ毎の分かりやすさがあっても、それらに少なからず関心を持つユーザーがサイトに訪問してくれない限り実質的なコンバージョンには繋がりません。よって関心を持つユーザーがアクセスしてくれる可能性が高い「検索エンジンからのアクセスの流入」に対してのアクションが不可欠となります(※ここではターゲットキーワードは割愛します)これらに対する対策の事を、WEB業界的にはSEO対策と呼ぶのですが、SEO対策を施すにあたっては下記の事を確認する必要があります。
①如何なる検索エンジンに対しての対策を施すのか?
②SEO対策における影響を受ける部分でのコンバージョン地点の設定
③SEOを自社で取り組むのか?(予算と費用対効果)
④SEOを他社に委託するのか?(予算と費用対効果)
[※※様のケース]
●検索エンジンから関心の高いユーザーアクセスを増やす為
Google検索エンジンへの対策に特化して問題ありません。またSEO対策を実施する事で目安となる目標(関心のある方からのアクセス増加を図る物差し)はアクセス解析を導入する事での滞在率・サイト滞在時間しか検証しこれらを毎月検証(MTG)を実施する事でアクションに対する効果を高めたい
SEOに関しては費用対効果等を考慮すると、他社委託では採算が取れない為にディレクトリー型で自らが更新等を実施できる仕様としてCMSを活用してwebを構築させる事で運営者自らがサイト運営を実施する事でSEO対策に自社で取り組める形式を提案したい。 (※効果に関する参照データ   )
●アメブロ・twitter・facebook(ソーシャルメディア・ネットワーク)の活用
昨今、ソーシャルメディア全盛と呼ばれておりますがその理由は、ソーシャルメディア内で同一的な関心のあるユーザー同士とのネットワーク構築を簡単に実施できる事が挙げられます。最近はビジネスに活用すると言う意識を持つ企業の存在も増えた事で、それらは更に可能性に広がりを持ってきています。CMSでサイト構築させて頂く事で、これらの主要ソーシャルメディアとの自動的な連動を図り、アクセスを検索エンジンに留まらずにソーシャルメディアからも運び、尚且つホームページ上で他のソーシャルメディア利用者との交流を広げられる(facebookで言う所、ホームページ上でfacebookコメントのやり取りが可能)に出来ます。(参照サンプル)※但し交流を図るか図らないかは運営者次第となりますので上記はそのような機能をサイト内に導入していると言う解釈で考えて頂ければ幸いです。
●運営後のサポートに関して
webで実質的なコンバージョンを上げる為に重要視したい部分とは、ユーザーから見られるサイトに育成する事ではなく、どのようなユーザー様を招き入れたいのか?を重要視して考える事が重要となります。そしてそれらを考える為にアクセス解析等のデータが活用できるわけです。 サービスやメリットばかりを打ち出すのではなく、ターゲットユーザーに対して如何なる正しい有益な情報を発信できるのか?この辺りを常に検証しアクションを模索し実行する作業が直接的なコンバージョンと関係する部分です。※このような部分を当社でも管理(アドバイス)するようなサポートは有効かと思います
またCMSの扱い(ここではHTMLやCSSに精通されていない方)場合、更新する際のビジュアル的(見せ方)にどうしても制限が出てしまいます。※リッチテキストで更新は可です。よって月に5回を目安に更新する作業を代行するサポートは付けておくと安心です。サポート詳細に関しての参照※サポートは年間サポート必須です。費用は分割も可
ホームページリニューアルをお考えのサイト運営者様へのご提案
ホームページリニューアルに関しての相談を最近良く頂きます。福岡のお客様よりも他県のお客様が多いような気がします。且つブログを運営されていらっしゃる方や企業広報の方からの相談が増えてます。本日はそれらの理由から、実際に当社の強みに関してまでをレポートさせて頂きます。
私は、ホームページリニューアルのご相談を頂く中で最近、強く感じる部分があります。それは現状の何を解消したいのか?明確なビジョンをお持ちでない事や魅せ方の部分しか表現できない場合が圧倒的に多いと言う事です。しかし本質的な問題は上記ではなく、自社サイトの現状をデータを踏まえて解析できていない事だと強く感じます。よって運営者の方は、自社のホームページが現状どのような状態なのか?まずは「知る」事がとても重要です。私の記事の内容が今は分からなくても大丈夫です。但しこの記事に出会った事で本日からアクセス解析(Google Analyticsを推奨)位は自分で設置して検証(知る事)を始めてみましょう。
●何故リニューアル制作に関しての問い合わせが多いのか?
当社でリニューアルした途端にアクセス(トラフィック・その他のデータ)が上昇するからです。分かりやすい部分でお伝えしますと検索エンジン経由でのセッションは現状よりも飛躍的に上昇します。
●何故、上記のような現象が起こりうるのか?
何故そのような現象が起こるのかに関してを説明します。理由は1ページ1ページにテーマを作るからページ数の数だけ検索エンジンに正しく評価されやすい作り方(実際には1ページ1ページ手打ち作業を中心に作ると言っておきます)を施すからです。
○機械的・定型的なページ制作ではなく1ページ1ページにテーマを持たせる
トップページのみが所定のキーワードで検索されれば良いと言う作りではなく1ページ1ページが所定のテーマで検索される為に時間をかけるからこそ、これまでリニューアルさせて頂いた方においては、アクセス(トラフィック・その他のデータ)は100%上昇します。
○充実したサイト内部リンク構造・CMS採用で実施する自力SEO仕様
各ページ下に、お客様自らがブログを作る形式で更新を自身で実施できるように、CMSを採用しますのでそれらの更新頻度や運用実数、更新内容の質(他者からの評価)の向上を図る事で結果的には自力でのseo対策も施す事が可能です。(サイト仕様としての内部リンクは制作時にコーティング)
○お客様が更新する部分は即時ブログやソーシャルメディアへ自動配信・同期
更新する内容は全て、制作段階で挿入するプラグインにより各種ブログへ自動的に配信する事が可能(現在はlivedoorブログ・hatenaダイアリー・mixi・twitter・hatenabookmarkに対応)尚、アメブロやその他ブログへはjavascriptを利用する事で最新情報をブログ上部に自動的に反映が可能(アクセス導線の強化)facebookやその也rssフィードを利用できるソーシャルメディアにはrssでの自動配信も可能な為に、ホームページの更新情報をありとあらゆるソーシャルメディアに一括して配信する事が可能となります。(コピペ不要)またFACEBOOKのプラグイン機能を活用する事でサイト上でのやり取りをfacbookと同期させる事も可能。facebookは実名での利用が義務つけられている為に荒らし等の心配も殆どありません。
お悩み事例~当社が考えるお客様のチカラになれる事とは?~
現状のホームページではなかなか集客できません。御社のサービスで集客できるようになりますか? ホームページから集客する為の「論理」を考える必要があります。当社では、まずアクセス解析を行い、アクセスの質に関する調査を踏まえた上で問題点を抽出し、お客様に必要なご提案を行います。 ホームページ制作とは「○○をすれば成功する」といったものではありません。どんなに優れたWebマスターが制作してもそれだけで成功する事はあり得ないわけです。ホームページ制作会社とお客様の双方が育成を行っていくうえでの意識共有と持続的アクションが重要であるとお考えください。

つまり当社のサービスでお客様のWebサイトが集客できるようになるのではなく、当社のサービスを介し、当社とお客様が持続的アクションを行う事で、Webからの集客・販促向上の可能性を高める事ができるのです。
制作会社やSEO会社は数多く存在しますが他社との大きな違いや特徴(メリット)は何でしょうか? 当社では「単純に受注すれば良い」という営業的思考や、単にデザイン・機能・検索順位といった「見える部分」にのみ対応する事が本当の顧客満足とも考えておりません。
当社サービスを介し、お客様ご自身がコンバージョン(集客・販促)の期待数値を高め、実感数を増やして頂く。 それこそが当社の目指すべき部分であり、顧客満足であると考えます。
そこで当社では、表面上見えないデータを基に、サイトやアクセスの問題点を分析。「アクションの模索~施策~効果検証~改善点の抽出」これらを継続的に実施します。

昨今の多様化したWebマーケティングにおいて、業者任せの制作やSEO施策はそれだけでは殆ど意味を成さない(コンバージョンに繋がらない)ものとなっております。

当社では、これらを成功させる確率を可能な限り向上させる為、都度毎のデータ管理・改善・企画提案を行い、当社アクションとお客様アクションの明確化に努めております。
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
※現況を把握する事で如何なるアクションが効率的かを提案
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください

■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
※お客様の目的用途に迅速に回答させて頂きます
⇒お問い合わせフォームをご利用ください
①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。
【※1】お問い合わせフォームについて
 お問い合わせフォームは、可能な限りお悩み等の詳細をご入力ください(お問い合わせはこちら)ご入力が困難な場合は直接お電話下さい(092-558-7974 平日10:00~19:00)
 なお、当社はホームページから集客・販促(コンバージョン数)の向上を推奨しておりますので、当社からの営業は一切ございません。営業にお困りのお客様もご安心ください。
【※2】対応地域について
 ご相談やお見積りは全国対応です。但しご訪問につきましては福岡のお客様を対象としております。福岡県外の方はお電話またはSkypeでのご対応となります。予めご了承ください。
【※3】サイト分析・調査について
「コンバージョン向上(改善)に最適な強化ポイント」を分析・調査致します。そのためのアクセス解析設置にも無料対応致します(アクセス解析未設置のお客様の場合)
【※4】提案書について
 提案書のサンプルはこちらからご確認頂けます(お客様によって形式は多少異なります)提案書はご要望を頂いた全てのお客様にご提案可能ですが、
 当社の受注状況やお客様のご要望(認識)の差異によっては受注致しかねる場合もございます。予めご了承ください。
[2013.05.22]
NEWSEO対策ページをリニューアルさせて頂きました
SEO対策を如何に戦略化させるかは、コンバージョン(集客・販売)数に大きく影響を及ぼす為に非常に重要です。当社では「データ」を中心に確率が向上するオペレーションを御提案させて頂いております
[2013.03.01]
ホームページからの集客力を向上させるリニューアル戦略
ホームページ制作ならびにウェブサイトからのコンバージョン(集客・販売)数の向上の為のオペレーションをご案内ページをリニューアルさせて頂きました。集客するホームページには何が必要なのか?運営者は何を元にして施策を講じるべきなのかを詳しく解説させて頂いております。詳しくはこちらから