webコンサルティング 福岡|web集客・web販促でなかなか効果が出せない企業様・技術不足を補いたい起業家様を全面的に支援

WEB・IT・SEO 委託

webコンバージョンに繋がるか否かは、訪問セッションに対する有効性

webコンバージョンに繋がるか否かは、訪問セッションに対する有効性
インターネットから集客数・販売数を上げる為には何をどうしたら良いか?と言う質問を良く頂きますが、簡単にお伝えしますと、他社競争力のあるサービスや商品を準備し、それらをWEB上でそれらに特化させて分かりやすく魅せ、そこにそのサービス・商品に関心のあるユーザーを呼び寄せ続ける事が出来れば大抵のサイトのコンバージョンは確率的に向上します。
競争力のあるサービス・商品に関しましてはwebだけではコントロールする事は難しいですが、特化させて分かりやすく魅せる事、関心のあるユーザーを呼び寄せる事に関しましては運営者の手腕(技術や知識)が問われる部分でり、個人差が大きく出る部分です。
尚、私の経験上でお伝えしますと、コンバージョンに強い影響力を持つ部分は、魅せる事よりも関心のあるユーザーをどれだけサイトに呼び寄せる事が出来るかどうかの方が影響すると自身、クライアント案件のコンバージョン進捗を管理していると感じる部分が強いです。
本日は、この関心を持つユーザーと言うものにフォーカスした上で、通常のwebサイト、オンライン上で決済を行えるECサイトに関して、それぞれの特徴を踏まえた上での、閲覧ユーザーのサービス・商品への関心度の基準ならびにコンバージョンとの関係性に関しての記事を配信したいと思います
~サービスや商品に関心のあるユーザーをどのように判断する~
検索エンジンならびに参照サイトからの訪問セッション(おおよそ新規セッションと思われる訪問者)の場合、そのユーザーがサイト内の何れかにランディングした後のページビューや直帰率、滞在時間を考慮して考えると最も確率の高いシュミレーションが可能です。
私の場合、当社基準にて(基準に関しましては非公開)お客様に2週間毎にキーワードの有効性を「◎や○や▲」で示し、対象週間の総セッションに対する有効セッション率や、対象週間の有効セッションに対する実質的なコンバージョン率をお知らせするようにしております。
総セッションに対する有効セッション数は、集客方の企業様よりもEC、オンラインショップのクライアント様の方が高くなる傾向がある反面、有効セッションに対するコンバージョン率に関しましては、集客型の企業様よりもEC、オンラインショップのクライアント様の方が低くなる傾向がございます。サンプルとなるデータは、今後、下記でご案内中の情報レポートの中で配信したいと思っております。
自社SEOに取り組む運営者の為の情報レポート・メールサポートのご案内
当社では、制作・開発・運用サポート・アクセス施策の提供だけではなく、自社でwebコンバージョン(反響)数の改善・向上に取り組まれたいお客様向けに、情報レポート・メールサポートで応援させて頂くプランもご用意させて頂いております。
プロに依頼する方が確かに効果は見込めるかも知れませんが、webコンバージョン(反響)数とはweb運営者アクションと比例するものですから、必ずしもプロに委託しなければ成功しないと言うものでもございません。但し良知識等が少ない場合は、書籍や他社のメルマガを読んでも「何をすれば良いのか分からない」と言う事も多いと思います。
そこで当社は、メルマガ形式ではなく、情報レポート配信形式にて購読を頂いた方(本登録者)には、期間中のメールサポートを回数制限なく実施させて頂きます。自社でアクションに取り組むと言うお気持ちさえあれば、初心者の方でも知識があまりないと言うお客様でも応援させて頂きたいと思います。本登録を頂いたお客様には無料コンサルティング(60分-1回分)をご提供させて頂きます。

お客様の声|ECサイト(通販サイト)運営者様に聞いた 当社SEOサービスの感想・比較

費用対効果は実感できていますか? SEOを依頼する前よりも検索エンジン経由からの訪問セッション数が,約3倍にコンバーション率も0.15%向上した事で実質的にwebからの販売数は8週間前よりも421%伸びました続きは(下記をクリック) SEO依頼は当初は不安だったのでは実質的「特定のキーワードにSEO対策を依頼し,それがコンバーションに繋がるのか」という点に関して疑心暗鬼だった部分もありました。しかし他社さんとの違いKCEの場合は(下記をクリック)
 

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】