ホームページ制作 SEO|福岡からサイトコンバージョン(反響)数の改善・向上を目指す為にアクセスデータ・現況分析からのweb制作・アクセス施策を御提案しております。

ホームページ制作会社|(福岡)SEO対策でGoogleに強いウェブ作成・アクセス施策をサポート。前年対比を超えてもらうための製作。 KCEマーケティング

ディレクトリーを分類させ訪問者にも検索エンジンにも最適なサイト

ディレクトリー階層によって「テーマ分け」されたwebサイト・SEOとの関係
ディレクトリー階層をサービス毎として利用可能なcmsをホームページに採用する事で同一ディレクトリー内の情報が特化される為に、私のように、取り扱うサービスが似ているようで(発信する知識・技術)異なる場合は非常に助かります。サブドメインでの運用も考えましたがサービス毎が必ずしも独立したものではない事もありドメイン評価は引き継ぎたい事からディレクトリー構成としています。※文章のみでは分かりにくいと思いますので、下記の簡単な解説もご参照ください。(これも分かりにくいと言う方。すいません・・・・)
下記のように サービスディレクトリーを分類させる事でサービスや商品に関しての情報をユーザーに対して告知レベル上に通知する事が可能となりますし、書籍等と違い情報は常に管理者が更新できるようになります。ユーザーには常に最新の情報や細かい情報が取得できると言う利点が生まれ、サイト運営者側には情報発信そのものがコンテンツとしてのブランディングであり差別化となります。このようにcmsでホームペーージを制作し、ディレクトリー階層を構成する事で、テーマに沿った内容を中心としたwebを構成させて行く事が出来き、幅広いキーワードで検索上位が実現します。
■サービス毎の構造サンプル
トップページ(※※法律弁護士事務所)
     ┣A.会社概要
     ┣B.お問い合わせ
     ┣C.新着情報NEWS
   ┣D.過払い返還訴訟(サービス①)
     ┣D1.依頼概要
     ┣D2.お問い合わせ
     ┣D3.料金
     ┣D4.お客様の声
     ┣D5.更新情報
         ┣D5-1.過払い返還訴訟に関する担当者①ブログ
         ┣D5-2.過払い返還訴訟に関する担当者②ブログ
         ┣D5-3.過払い返還訴訟に関する担当者③ブログ
 
   ┣E.労務トラブル訴訟(サービス①)
     ┣D1.依頼概要
     ┣D2.お問い合わせ
     ┣D3.料金
     ┣D4.お客様の声
     ┣D5.更新情報
         ┣D5-1.労務トラブル訴訟に関する担当者①ブログ
         ┣D5-2.労務トラブル訴訟に関する担当者②ブログ
         ┣D5-3.労務トラブル訴訟に関する担当者③ブログ
※バック黄色の箇所が更新される事でバックがピンクの箇所のデータが新しく再構築されます。検索エンジンに対してはサーバー更新情報と合わせて黄色・ピンクの箇所全てのコンテンツ更新情報として処理されます。運営者が実施するのは黄色の更新作業のみです。※バックカラーのない箇所はその情報そのものが変更にする際は更新情報として伝達されます。
ドメインに対する検索エンジンからの評価にはやや不満足な部分もございますが、他のseo業者様のようにバックリンクを作る事に奔走もしておりませんし、キーワードを意図的に過剰に埋め込んでいるわけでもありませんから、単純にユーザービリティーを意識した更新作業(※ユーザーの検索動機を先回りして考え、それらの動機を満たす回答を記事として更新する方法)を実施する事が結果的にSEO対策にも好影響を与えている状況を作れている事は非常に望ましい事です。
そしてこのような方法で検索エンジンから評価を取得する最大のメリットは、 検索動機に対する回答をサイト内に用意する事( ユーザビリティー強化を意識した更新作業)その内容に惹かれたお客様からのアクセスが増える為に、結果として直接的なコンバージョンに繋がりやすくなる事が挙げられます。
[ホームページリニューアルを決断する時に考えて置きたい事項]
ある程度の予算を投入してwebサイトを作ったし、制作者がSEO対策もバッチリと言ったから、HTMLやCSSやSEOにあまり詳しくないので完全にお任せしておりましたが、殆ど効果を感じる事がなく、確かに一定のキーワードでは検索上位にいるみたいなんですが・・・と言うような悩みをお持ちのお客様が非常に多いように感じます
そもそもSEOすれば必ず売れる保証なんていうものはどこにもないのですから、制作者の言葉を鵜呑みに考えてしまった事が失敗の要因であり、御自身でもwebマーケティングに関してもう少し知識を学ばなかった事こそ大きな問題と言えます。
自分でやれない(時間含め)だからプロに外注すると言う考えは間違いではありません。しかし自分以上に自分のwebのコンバージョンを意識して動いてもらうならばそれ相応の予算(ランニングコスト)がかかりますので、低予算(ランニングコスト)でサポートして頂く場合はその範囲を予め指定される事の方が多いはずなのです。
故に、運営者様自身がwebマーケティングを知る(知ろうとするアクションの)必要があります。書籍でも良いしインターネットでも構いませんので得た知識を御自身のwebで実験しつつ検証し、自社に何が足りないのかを考え、リニューアルする際はそれらを制作者ならびに施策者にお伝えし、その上で御自身で取り組む事が難しい(技術・時間)部分を効果的に外注する事が必要なのです。
Google SEO対策に関して言えば、現在は外部施策のみでは効果が出にくくなっております。内部対策と外部対策と持続的なサイト運営アクションを一本のフローとして確立させる必要がありますし、現在はそれらにfacebookやtwitterやブログ等のソーシャルメディアとの直結性・関係性も非常に重要な要素となっております。
故に当社でもwebコンバージョンの向上・改善の為には単一の施策のみをご提案するよりも効果が見込める可能性が上がる仕様変更を含むwebサイトリニューアルを御提案するケースも増えてきております。勿論、それらの選択はお客様の運営状況や運営体制によっても異なりますが、いつも提案の中心軸はお客様がwebサイトからコンバージョン(反響)数を向上させる事なのです
お客様に合わせたお問い合わせフォームを準備しております
■ホームページからの売上を今よりも向上させたい
■リニューアルやSEOなど、自社に適したアクションを知りたい
■自社サイトのコンバージョン期待数値を知りたい
⇒無料サイト診断、改善提案をご利用ください
■新しくホームページを作成したい。目的は集客・販促の為
■具体的なイメージが存在しそれに対する見積もりを知りたい
■1つ1つのサービス詳細(内容)が知りたい
⇒お問い合わせフォームをご利用ください
①まずはお気軽にお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。②内容確認後にお電話もしくは直接ご訪問にてご要望・サイト状況等をヒヤリングさせて頂きます。③ヒヤリング内容やお客様から頂くサイトデーターを基にサイト分析・調査を実施致します(無料)④現況サイトの分析・調査結果を基にお客様サイトコンバージョンを向上(改善)に導く為に最適と思われる方法を提案書ベースで御送付させて頂きます⑤提案書内容等を御確認頂き、お客様が不明な部分や確認をされたい事項等を御訪問(福岡)またはお電話にてご説明させて頂きます。⑥①~⑤で確認しましたお客様のご要望・提案内容・ヒヤリング内容を基に最終的なプランや料金等のお見積もりを実施させて頂きます。