福岡のモバイルサイト制作から集客活用までをサポートさせて頂いているサービスです。更新代行・月次の戦略MTGで多方面からサポートさせて頂きます

TOPページ >モバイル制作 集客 >モバイル会員促進

モバイル会員促進

会員登録促進ツール(サイトスタンパー)の間違った使い方
当社でもモバイル販促実施時に極力お客様に取り扱うように推奨させて頂いておりますが、お客様がQRコードをかざすだけで登録が可能な機械として「サイト スタンパー」と言う商品を利用しております。
機械にかざして、携帯内臓のFeliCaを読み取り、登録URLをお客様に自動的に送信する機械です。通常QRコード等のかざしを面倒くさいと言うお客様には非常に便利なツールですが、今回は間違った使い方を含めたお話しをさせて頂きます。
最近は店舗でもよく見かけるようにはなりましたが、多くのお店が単純にレジの横においていたり、受付の上に置いているだけです。POPを作っている店舗もあればPOPも作っていない店舗もあります。
これでは会員登録は増えるはずはありません。
この機械はあくまでもQRコード等をかざす手間を省き簡素化とデータベース化を行う為に利用するツールであり、『会員登録を促進するツール』ではないからです。では会員登録を促進する存在は何でしょうか?
それは『人』と『お客様にとっての特典』です。これらは双方があった方が良いです。但し正直な所『人』だけでも十分です。要は知らないお客様の会員登録を促進しようとせずに、例えばスタッフ等がお客様とコミュニケーションを取った際に、会員登録の利点等をお客様にご説明して登録をお願いすると言う必要があると言う事です。即ち、店舗オペレーションの問題であると言いたいわけです。
お客様とコミュニケーションの取れるスタッフは非常に優秀な存在です。但しそのスタッフがただ単純にコミュニケーションを取るのか?コミュニケーションの中に店舗資産を1つでも多く作れるか?を決定するのは、その店舗のオペレーションの問題です。
メルマガ登録を一人でも多く頂ければ、少なくてもDM代金等は削減できます。メルマガを受け取る側も自分が行った事のあるお店の情報、または自分が通っているお店の情報を希望した上で、メールで送信されてきても通常は不要とは思わないものなのです。
私のクライアント様の殆どは、配信停止の通知など殆ど受けておりません。
昨今メルマガ販促と聞くと3つの方法での活用が目立ちます。希望者にメールを送信する事と、希望もした記憶もないのにメールを送られる事、何かを利用する為に仕方なくメルマガ登録をさせられる事
私は『御自身の意思で希望した方にメルマガを送信』する事以外は意味を成さないと思っています。ですからそのお客様の意思を引き出す存在が『人』であり、その人がお客様に伝えやすくする為のオペレーションの一環に『お客様への特典』が存在すると言う事です。
これだけ様々の事が情報化された社会においては、数よりも質を追求する事こそ本当の意味で愛されるお店づくりではないでしょうか?情報ツールはその作業をデータベースとして数値化させる為であり、お客様の作業を手助けしてくれる存在です。

モバイルの活用・モバイルによるマーケティングに関して、市場においては多くの方がその必要性は強く感じていらっしゃるような気がします。最近ではそのようなツールを導入されていらっしゃる店舗もそこそこ見受けられます。


先日もある飲食店のレジの横で、Felica端末を見かけました。しかし正直な話、店舗のオペレーションとして定着しているか?否か?と言えば実は非常に勿体無い使い方です。


店員さんが、お客さんに声をかけたほうが良いと言う事は周知の事実ではございますが、実はそれ以上な問題としては店員さんがお客さんに声をかけたくなるような仕掛けがないのです。


問題点はこの部分なのです。これは即ち、ツールとしては導入しても、オペレーションとしては導入出来ていない(言い換えると、このお店自体が使い方を理解出来ていない。)と言い換える事も可能です。


話しは変わりますが、先日ある不動産検索システムを販売されていらっしゃる方ともお話しをしました。その方は若い営業マンでしたが、非常にしっかりと商品の説明を行ってくれました。聞き手側に知識がない場合は、魅力を感じられるような方もいらっしゃる事でしょう。


私はある会社の社長の代理人として、この営業の方のお話しをお伺いさせて頂いたのですが、「う~ん」機能は分かるが、コチラの事業の現状では導入しても使い切れないないよ。とお伝えしました。


単純に「ツール」として使ってもその意味は強くないでしょと言う部分です。大手じゃないんですから、機械化させたツールの導入は正直な話し、あまり意味を持たないと言えます。


小さいお店や小さい企業には、小さいお店だから、小さい企業だから導入できる戦略が存在します。私のツールを利用するという考え方の基本はここにあります。


機械化を自動化させるのではなく、手動化による時間のロスを削減したり、データの収集作業時間を削減させる事で、継続的な店舗推移をしっかりと認識させるそのような努力の一つ一つが最も重要となると言えます。


データとは生き物です。使い手はその使い方を想像しなければなりません。そのためには現場の流れを知る必要があるとも言い換える事も出来そうです。

 

店舗オペレーションを見直す。これらは携帯販促を成功に導く以前に非常に重要な事項でしょう。

モバイル会員様を増やす為にやって置きたい事
先日、クライアント様から、最近モバイルの会員が伸び悩んでいると言うご相談のメールを頂きましたので、本日はその内容を記事とさせて頂きたいと思います。
本記事はそのクライント様に対して発信する記事の為に、文中箇所で一般の方が分からない内容も含まれると思われますが、ご自身の事業等とシンクロさせながらお考えください。
尚、ツールとは機械であり機能です。ツールが人を集めるのではなく、人や人の思いが作った機能が人を集めてくれるものであると言う認識が前提となります
当社では違った視点からも、メルマガ会員登録を増やす施策をお客様に業種・業態・マンパワーに合わせて、お客様とご一緒に検討していけるパートナーとしての役割を担っております。
モバイル会員登録を増やす為の重要なポイント
それはモバイル会員さんを増やそうと強く意識せず、細く長く持続する事です。
この言葉の意味は「声をかけない」とか「告知をしない」とかそのような事を示すような意味ではありません。寧ろ積極的に声をかけるべきですし、告知もすべきです。声をかけれなかったり、告知が出来ていない方は絶対に増えませんし、持続性に関してはここで説明も不要でしょう
本質的な考えとしては、「増やす事だけ(結果に)主眼しない」と言う事です。多くの方は増えない=やり方が間違っている?もっと良いやり方はあるのか?と言う戦略的な部分を中心に考えてしまうものです。しかし本当の意味で最も重要な事とは、会員登録をしたユーザーさんの区分であり、ニーズを聞きだす事です。
会員登録をする事で、ユーザーさんはどんなメリットを感じているのか?もしくは感じていないのか?と言う部分を無視してはいけません。これは既に会員登録を頂いた方に対してしっかりとお伺いする方法が適切です。
1人1人来店してもらって聞く事も、来店した方のみに聞く事もあまり統計的に正しいデータは取得できませんから、それそこ「メルマガ」で配信してアンケートに答えてもらうような形式は如何でしょうか?
勿論、回答してくれた方には、何かしらの「感謝の意」を伝える事は重要です。多くの方は割引券やプレゼントを簡単に想像しますが、私だったら直筆のお手紙、または個別メールを出すでしょう。現状の会員数を考えるとどちらも不可能な事ではないと思います。
特典があるからアンケートに答えてくれる方程、正確なアンケート結果にならない事の方が多いわけです。集まるアンケートは少なくてもわざわざ入力してくれる時間まで使ってくれるようなお客様は運営者以上にお店の事を意識してくれている場合も多いのです。
これは私が以前、行っていた店舗で行っていたアンケート取得を参照にしております。お客さんが回答しやすいアンケートを作る事も重要ですが、お客さんが参加したくなるアンケートを作る事の方が何倍もお客様目線でのアイデアを頂ける場合も多かったりします。
そしてこのような事の最大の目的は、お客様に対して今後更に良いサービスや便利なサービスを提供させて頂く為に、それを作る為のアドバイザーとして参加してもらいたいと言うお店の意図をしっかりお伝えする事に他なりません。
お店に行く方は何を求めるのか?と言う部分も考える必要がありますが、●●様のお店の場合は、サービスのみを提供されたいと言うような動機でお客様が来店するお店ではないと私は思っています
私は●●様のお店に来場されるお客様は「コミュニティー」に惹かれて「人」に惹かれて来場してくれているものだと思っています。ですから●●様のお店にとって「モバイルサイト」とは直接来場出来ないお客様と●●様のお店とが繋がるサポーターのような存在であれば良いと思うのです
お客様は、金銭の利(割引、特典等)があると登録してくれる。と言う考え方も勿論あるでしょうが、紹介してくださいとお願いしなくても、紹介したくなるようなお店のアクションも今後は1つの販促プランンとして検討さる必要があるでしょう。