顧客管理システム 福岡|独自メルマガ配信システムまでオリジナルのシステム開発を実施。管理システム構築で業務効率化

顧客データベースを持つ 意義・データベースの活用
有効な集客・販促手段として挙げられる方法の一つに「メルマガによるリピータ販促」と言う手法があります。現在多くの企業やお店でも導入されている手法の一つですが、自分のお店の今週の特選情報やキャンペーン情報を配信する為には優れた方法です。
それ以外の効用はと考えますと、DMや広告出稿に関わる「宣伝広告費の削減」に他なりません。通知する内容をしっかりと吟味できれば、高い確率で「リピータ」販促に繋がって行きますので費用対効果が高い手法と言えます
上記のコスト削減の部分以外の効果もあります。それは、顧客の潜在意識の中への「メッセージの発信」です。例えばイタリアンレストランのメルマガを私が配信されているとしましょう。いざイタリアンが食べたいなっと思った場合、まずインスピレーションする際にメルマガの配信を受けているお店だったりすると言う事です。
TVのCMと同じような効果が働いてくれます。人の潜在意識の中に「印象」を提供出来る方法の一つであります。webで言う所のインプレッション的な考え方です
但し、昨今は携帯メルマガ等に関しては「特電法」を無視した配信は非常にリスキーでありますのでこの部分には細心の注意は払われてください。メルマガを希望したお客様に送る事と、不特定多数の方に配信する事は根本的な意味が異なりますし、来店型の店舗の場合は信用を損ねる恐れもありますので、あくまでも希望する方のみに適切な形で配信するようにしましょう。
モバイルサイトの活用における『メールマガジン』とは、貴方とお客様を繋ぐ為の一つの「きっかけ導線作り」と思って頂くとイメージしやすいかも知れません。