リニューアルで変わったのはデザインだけではございません。SEOで変わったのは検索順位のみではありません。本質的な変化をKCEはご提案致します

SEOでの事業コンバージョン(注文)数の実感もない状態で契約するのではなく効果実感期間を経由できる事に安心感と自信を感じました①検索順位を上げる事にフォーカスしたSEOサービスの打ち出し等は様々なサイトに存在してるもが、「SEOによって実際の事業コンバージョンを如何なる方法で向上させて行くのかと言う」本来、自分達が最も知りたい部分に関しての情報が少ない事に不安を覚えていた際に、検索エンジンから当社サイトを認知頂き、ご訪問を頂いたのがきっかけでした。↓②現況のサイトを多角的に分析した上でお客様に適切と思われる対策(キーワード選定含む)や今後の当社サイドでの(内部要因に対する)オペレーションや目標到達までのプランを含んだ提案を基に実施していきました。 しかしSEO対策が事業コンバージョンに如何に影響してくれるのかと言う部分にやや不安がありましたのでいきなり年間契約を行なわずに効果時間期間(3ヶ月)があった事は大きな安心感でした。↓③効果実感期間を経て、実際にコンバージョン数に劇的な変化が生まれた事でこれまで以上にサイト訪問者のデータを重視して注目するようになり、自社サイトの改善点等も明確になってきた事で、外部施策と内部施策がキッチリ嵌っている感覚を得る事が出来き、それが私に取っての強い自信にも繋がりました。現在ではKCEマーケティングさんに外部施策は依頼しつつサイト内部要因に対応できる人員も増やす事で、これまで以上に積極的にwebマーケティングに取り組んでおります。 ■SEO対策案件[オンラインショップ]ドレスレンタルサイト ※契約から1年経過■SEO対策前にお客様と確認させて頂いた内容業種的に時期的な注文数の差がある事から年間を通じて注文数を増やしたく、その為にサービスに関心が高いと思われる検索ユーザーをインターネット広告以外の手法で集客する為の施策の一環としてのSEO対策の要望
これらを「効果」を意識して実現する為に当社が行なった提案として■キーワード選定までのプロセス。費用対効果を意識したキーワード抽出
まず当社の方で既存サイトにおけるキーワード選定の為の分析作業を過去のトラフィックサマリーを基に実施させて頂き、付随してキーワード出現率(インプレッション)を考慮した上で検索上位表記される事で直接的なコンバージョン(注文)数に繋がる可能性の高いキーワード(今回の場合はビックキーワード)を御提案させて頂きました。■検索順位が向上してもコンバージョンに繋がらない場合の対応策検索順位が上がればそれで良いとお客様が考えるのはあくまでも最初だけです。検索順位が上がったのにコンバージョン(注文数)が増えなければSEO対策に予算をいくら費やしても望むような費用対効果を得る事は出来ませんので顧客満足は低いものとなります
ですから当社は、コンバージョン(注文)数を中心に考えるSEOサービスと言うキャッチコピーを掲載しております。検索順位を上げる事はSEOをサービスに取り扱う当社のような会社の場合は当たり前であり、コンバージョン(注文)数の向上のために実際は何を実施するのかと言う部分こそお客様にとっては最重要事項だと考えております
①柔軟なキーワード変更
②3ヶ月の効果実感期間の導入
③ロングテールキーワード5つ以上の無課金追加(キーワード調査は当社実施)
④週次での検索順位ならびにお客様のアクセスデータとCB率、有効と思われる訪問者数の抽出作業
⑤月次でのコンサルティングの実施
⑥内部的要因へのアクションアドバイス等
当社はお客様の実感数を上げる事にフォーカスしておりますので、当たり前ながらお客自らアクションを実施して頂く事(特に内部要因に関しましては)も無視しませんしそれらの進捗をデータで追う事で契約期間中は継続的なサポートを展開しております。※勿論全て人為的なサポートです
昨今のwebマーケティングは、参入企業の増加等もあり成功させる事は簡単ではありません。ですから当社では常に現状を把握し改善策をお客様とともに考え、アクションを施して行く。SEOをコンバージョン(注文)数に繋げる為にはこれらのアクションが不可欠な要素と考えております。
(対策後)■対策後の変化・効果◎訪問セッション数(対策前)訪問セッション数はある程度の数 存在したが、それらの訪問者のアクセスの質が必ずしも高かったわけではなかった(直帰率の高さ、ページビューの少なさ)故に注文数に繋がりずらかった(対策後)
対策キーワードでの検索上位表記は勿論、ロングテールキーワードでの上位表記、ドメイン自体の価値の向上(pagerankの向上)による下層ページランディング機会の向上と言う効果により、対策前よりも約5倍以上の訪問者数の向上を記録且つ、向上した訪問者のサイト滞在率は非常に高く(ペーージビュー向上、直帰率の減少)有効と思われる訪問者数に関しては対策前よりも10倍程の向上を実現しました。 ◎コンバージョン数(対策前)総訪問者数に対するコンバージョン率は、0.3%以下であった為に数としては一般的なサイトよりも多かったが、商品への市場の需要やECサイトとしてのコンバージョン数を考えると決して高いものではなかった(対策後)訪問セッション数の増加よりも、その中での有効訪問セッション数の向上がコンバージョン向上に非常に影響を及ぼした結果、週次平均でコンバージョン(注文)率も約0.5%の向上、結果的に注文数は対策前の数量と比較しますと最大で4倍以上を記録しました。■具体的要因◎サービスに関心を抱くユーザーの検索をキャッチする為にキーワード精査、それらのキーワードでの検索上位表記による有効訪問者数の向上◎外部的アクセス施策と並行し、お客様自らがランディングページ(着地ページ)の最適化や自社での内部コンテンツの更新アクションを実施した事こそがコンバージョン向上の大きな要因であると当社は考えております。
ご担当者様より頂いたメッセージ
これまでにも多くの会社からSEO対策の営業を受けていました。そういった会社のホームページは「過去のキーワード実績」や「順位保証」など、一見するとSEOに興味のある方にとっては安心しそうな内容を記載している事が多かったのですが、私はそれよりも何よりも「SEO対策が実際に自分の事業コンバージョン(注文数)にどんな変化をもたらすのか?」という事に興味を抱いていたので、SEOに対する様々な情報を自分なりに調べていました。

その中で検索エンジンからKCEマーケティングの勅使川原様の情報を見つけ、あれこれ閲覧するうちにSEOを外注するならKCEマーケティングさんしかいないと考え、直接ご連絡させて頂いた経緯がありました。

SEO対策キーワードの上位表記はもちろんですが、毎月のコンサルティングや内部改善箇所のご提案、また週次レポートによる現状報告等、勅使川原様自らの人為的サポートは自社アクションを明確化する上で非常に助かっておりますし、SEOの効果が実感できていない期間は年間契約の必要もなく、本当に安心できました。

また通常の対策キーワード以外からも、注文に繋がる見込みのある訪問者数の獲得に繋げる「ロングテールキーワードへの施策」も大変感謝しております。

追伸:先日は検索エンジンからサイトに訪問頂いたお客様から「○○業界の最大手の○○○○○(会社)」と仰って頂いたり、新聞からの取材機会等も増えました。1年前はとてもそんなことを言われなかったのに、本当にKCEマーケティングさんが、日々 施策・サポートを実施して頂いているおかげです。ありがとうございます^^*